HOME溶射機器・材料TOPガスフレーム溶射機 > マスタージェット

マスタージェット

あらゆる金属・セラミックスの高品質皮膜をアセチレン・酸素炎で簡単に施せる世界唯一の溶射機

マスタージェット

溶射機の元祖で100年以上の経験を築くSNMI社(現在名 仏コングリマットのサンゴバン社)がその経験を集大成して開発した小型手持ち式の究極のガス式ワイヤー溶射機「マスタージェット」。
素人でも1台で各種金属、自溶性合金、セラミックス全ての被覆が簡単にかつ優れた皮膜を施せる画期的な溶射ガンです。

従来、溶射材料の線材を送給するのは軽量化のためエアーモーターが使われてきましたが、エアー圧の変化に影響されるとともに、牽引力に限界がありました。一方電動モーター駆動のものは、重くて手持ちでの運転は困難でした。
“マスタージェット”は、電子制御の強力DCモーターを装備しながら重量を僅か2.4kgに抑え、従来のエアーモーター式と同等あるいは軽くなったので、長時間の手持ち運転が可能になりました。またエアーモーターの場合は、エアーに油や粉塵など異物が混入すると定期的に掃除をせねばならない問題がありましたが、装備の電子制御モーターはメインテナンスが長期間必要なく、ほとんどメインテナンスフリーです。

特徴

  1. 1台であらゆる金属、セラミックスをアセチレン/酸素炎で溶融、吹き付けて溶射ができる世界唯一のワイヤー式溶射ガンです。小型軽量で出張工事に向いています。(SNMI社の伝統「緻密な皮膜形成」「耐久性」「メインテナンス容易化」はこのガンにも引き継がれています。)
  2. 新設計の電子制御モーターは、外気温、線送り速度に関係なく常に一定トルクを発生し、「カタツムリ」の動きのように超低速から高速の領域まで、一旦ダイヤルセットすればデジタル表示盤の速度を精密に守り溶射材を送給できるので優れた皮膜を形成できます。
  3. 熱溶融しやすい鉛や亜鉛などの金属溶射はエアーモーター式でも簡単にできますが、モリブデンやセラミックスなど高融点材料の溶射の場合は超低速でかつ、均一正確な速度で送給せねばならないので、通常のエアーモーター式では「マスタージェット」での溶射のような緻密で高品質の皮膜形成は困難です。
  4. マスタージェットは以上に加えて「ガス・空気圧を更に上げショックダイヤモンドが出るHVOF的高速炎溶射」もできる魅力を備えています。

セラミック溶射

金属溶射

自溶性合金溶射

仕様

名称 寸法(mm) 重量(kg)
ガン 280×200×90 2.4
電子制御盤 300×300×150 8.4
ガス・エアー制御盤 117×527×325 13.0
溶射材料
金属線:外径0.8mm〜6.35mm
セラミックス:フレキシブルコード並びにローカイド棒
自溶性合金:フレキシブルコード
線送り速度
0〜8m/分(低速型は0〜3m/分)
燃料ガス
アセチレン、プロパン、天然ガス他 のいづれか。

デュアル膜圧計

クーラー付き防塵ヘルメット

クールジェットX

エアーをつなぐだけ。冷媒・電機が不要

キャンペーン価格15,700円(送料・税別)